2019年 4月入選作品 (2019年3月応募分から)


自 由 吟

平成の最後だからとクラス会 松田千代子(東京都豊島区・74歳)
皴の手もつなげば心熱くなる 鴨井喜子(福島県会津若松市・72歳)
コンサート歌とトークにはずむ帰路 いいだひでき(東京都武蔵野市・61歳)
七十の恋はあっさり通り雨 山口恭子(東京都武蔵野市・67歳)
天気図と女心はパズル並み 本多秀司(東京都三鷹市・83歳)
天気より美女の予報士気にかかる 加藤佑子(東京都調布市・69歳)
妻黙るやがて嵐がやってくる 内田順子(東京都三鷹市・66歳)
退職日卒業します妻の座を 福島和江(東京都豊島区・68歳)
健診は卒業したと爺が言い 金子和子(東京尾豊島区・79歳)
お花見にティッシュ欠かせぬ花粉症 鎌田康裕(山形県鶴岡市・82歳)
口下手と言うがスピーチ終わらない あめんぼ(東京都稲城市・78歳)
味よりもインスタ映えが客を呼ぶ 石田達夫(千葉県市原市・65歳)
合格を願う絵馬にも誤字脱字 沢田正司(愛知県常滑市・81歳)
親離れ子離れできぬ一人っ子 坂本孝子(東京都豊島区・80歳)
カチカチ山虐待と読む若いママ 荘子 隆(宮崎県宮崎市・67歳)



課 題 「ポケット」  

ポケットの宝洗って子に泣かれ 萩原倫子(東京都千代田区・71歳)
ポケットの数だけ子らに夢があり 松永成三郎(千葉県船橋市・83歳)
ポケットにつくしを入れてお土産に はぐれ雲(東京都西東京市・69歳)
制服のポッケに眠る片想い 藤井敬三(東京都稲城市・78歳)
ポケモンを訪ねて目指す一万歩 山岸由美子(東京都中央区・年齢不詳)
ポケットで記録を刻む万歩計 比良正弘(川崎市中原区・90歳)
内ポケットちょっと秘密なものがいる 柳谷益弘(静岡県駿東郡・76歳)
内ポッケ小さなメモが嵐呼ぶ 亀津房子(東京都大田区・67歳)
ポケットのレシート語る我が暮らし いいだひでき(東京都武蔵野市・61歳)
ポケットに小銭じゃらじゃら定年後 横山閲治郎(兵庫県西宮市・68歳)
ポケットマネー出したら次も期待され 石田達夫(千葉県市原市・65歳)
ポッケからしゃれた話題が湧いてくる 遠藤靖彦(千葉市稲毛区・79歳)
ポケットを探って切符探り当て 木村忠信(東京都豊島区・79歳)
ポケットの鼻紙あわれ洗濯機 二束三文(東京都豊島区・77歳)
ポケットを一杯つけた詐欺の服 橋本湧水(埼玉県所沢市・69歳)
スリに遭う前にポケット縫っておく 荘子 隆(宮崎県宮崎市・67歳)
欲詰めるポッケの底が破れてる 沢田正司(愛知県常滑市・81歳)
山の神左右のポッケに愛と鞭 茶唄鼓(広島県福山市・65歳)
ポケットでだんだん溶けるわだかまり 風間なごみ(山梨市甲府市・79歳)
ポケットの遺影の妻と語りあう 美川州平(神奈川県相模原市・88歳)
詰め込んだ夢古くなり底が抜け 鴨井喜子(福島県会津若松市・72歳)
急降下重力を知る空の旅 岡本充敏(東京都大田区・59歳)
忖度を待って己はふところ手 岡田久男(東京都大田区・79歳)
莫大なポケットマネーが保釈させ 石川のコマネチ(石川県珠洲市・61歳)
ポケット手車椅子への一里塚 長島秀治(千葉市中央区・80歳)
ポケットにつめた時間もなくなった 國定伊代子(東京都千代田区・77歳)





NPO法人シニア大樂 しにあせん事務局
TEL 03-3251-3955  FAX 03-3251-3957
E-mail: senior-daigaku@joy.ocnne.jp